So-net無料ブログ作成

三線おやじの三線作り24 三線用の小物1 [手作り三線]

三線を持つと欲しくなる三線用の小物です。
自作できるものを紹介します。
ケースやバチも自作可能と思われますが、そこまでは手を出していません。
どちらも比較的安価で、労力と完成度を考えると、自作の意欲がわきませんでした。
特にバチについては、標準品の購入を薦めます。
(ネット販売で送料抜きで1500円位から)

三線用の小物

三線小物スタンドとフック.jpg三線スタンド(三線置き台)

 三線を置くためのスタンドです。沖縄の標準的な三線も置くことができます。持ち運びを考慮して、組み立て式にしてあります。棹を作る材料と同じサイズで製作できます。スタンドの材料は棹ほどの強度は必要ありません。なるべく軽いものを選んでください。加工で注意が必要なのは、木を組む部分と棹を立て掛ける部分です。木を組む部分は、組んだときにガタの出ないように注意してください。また、棹を立て掛けるパーツが傾かないように注意して加工してください。棹を立て掛ける部分の溝は、棹が無理なく立て掛けられるだけの幅を持たせてください。仕上げ塗装は、木目がきれいに出るように、オイルフィニッシュの無着色が良いでしょう。
 詳細は付録の図15~18を参照してください。


三線掛け

 三線を壁に掛けるための部品です。棹の材料を利用して作ることができるようにしてあります。仕上げ塗装は、木目がきれいに出るように、オイルフィニッシュの無着色が良いでしょう。
 沖縄の標準的な三線をそのまま掛けることはできません。4cmの厚さの板を三線掛けと壁の間に挟むと、標準三線も掛けることができます。
 詳細は付録の図14を参照してください。


胴巻き

 三線おやじには縫い物はできません。
 製作者の説明書きができるまでお待ちください。

三線小物胴巻き.jpg

三線掛けの図面
図14 三線掛け.png
三線スタンド(置き台)の図面
図15 三線スタンド.png
図16 17 三線スタンドパーツ.png
図18 三線スタンド支柱.png
図面の保存と利用方法、三線の組立図はこちら。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。