So-net無料ブログ作成

三線おやじ流 三線の扱い方入門2 三線を弾く [手作り三線]

今回は三線の弾き方です。
この部分は載せるかどうか迷いました。

先生について三線の弾き方を学んだ事も無い私のようなものが書いても良いのか?
専門家からみれば、間違っている部分もあるだろう?
こんな思いを持ちながらも、あえて載せることにしました。

あくまで、三線おやじ流という事でご勘弁ください。

三線を弾く

音を出す準備

 三線を倒したりしてウマの部分に無理な力がかかると、ウマが壊れたり、皮(布)が破けたりすることがあります。このため、演奏時以外はウマを弦から外しておきましょう。したがって、演奏を始めるときはウマを立てることから始めることになります。
ウマの扱い1.jpg

 ウマを立てるときも皮に無理な力がかからないように注意してください。弦を指で引っ張り上げて弦と皮の間に十分な隙間を作ってからウマをセットしてください。
 ウマを立てる位置は胴の端から指3~4本の所です。ウマを立てる位置にしるしを付けておいても良いでしょう。また、ウマを立ててたときに傾いている方を猿尾側にしてください。
ウマの扱い2.jpg

音を合わせる

 三線の音を合わせる事を「チンダミ」と言います。三線は文字通り3本の弦しかありませんから、音合わせ(チンダミ)は3本の弦の音を合わせるだけです。通常、男弦(太)はド、中弦(中)はファ、女弦(細)はド(男弦の1オクターブ上)に合わせます。手近にある楽器やチューニングメーターで音を合わせてください。
 三線には次のような音合わせの方法があります。

 本調子

 最もよく使われる調弦方法です。通常はド、ファ、ドと合わせます。レ、ソ、レと合わせても本調子です。

 二揚げ

 本調子の中弦を一音(全音)上げます。男弦がドなら、中弦はソ、女弦はドとなります。

 三下げ

 本調子の女弦を一音(全音)下げます。男弦がドなら、中弦はファ、女弦はシの♭となります。

 三線の音合わせの呼び方は、絶対的な音の高さではなく、3本の弦の音の高さの関係で決まっていることに注意してください。曲によって絶対的な音の高さ(キー)が変わると三線はその都度音合わせ(チンダミ)を行う必要があります。同じ曲でも、歌う人が歌いやすい音の高さ(キー)に合わせるなら、チンダミを行います。
 キーが変わるとチンダミを行うのは面倒ですが、三線を弾く指使いのパターンは同じとなり、演奏するのは簡単になります。三線の弦が三本しかなく、歌いながら弾くことが多いので、このようになっていると思います。

三線を弾く

 弾き方については、三線を弾ける人に聞くか、三線の教則本に頼ることを薦めます。ここで述べているやり方は、私が弾きやすいと思っている方法です。ギターを弾いた経験が少しあるので、かなり影響を受けていると思います。三線の演奏方法については、沖縄に旅行したときに一時間ほど手ほどきをうけただけで、あとは市販の教則本頼りです。

 三線の持ち方

 写真を参考にして下さい。歌いながら弾くことが基本になっているので、歌いやすい姿勢で構えて下さい。背筋を伸ばして、肩の力を抜いて下さい。
三線の持ち方1.jpg
 演奏時に左手がなるべく自由になるように、右腕主体で三線を支えます。三線を右ひざに乗せて、右の腕を三線の胴に乗せます。左手を使わなくても三線が支えられるようにしてください。このとき、右手首の力は抜いてください。
 棹は、握らないで下さい。人差し指の付け根と親指で軽く支えるような感じで持ちます。
三線の持ち方2.jpg

 弦の押さえ方

 基本的には、人差し指・中指・小指で弦を押さえます。
 押さえる場所は図のようになります。図の西洋音階との対応は、男弦をドにした本調子の場合です。他の調弦方法でも、押さえる場所の呼び名は変わりません。三線専用の楽譜は工工四(クンクンシー)と呼ばれ、押さえる場所の呼び名と長さが列記されています。
押さえる場所と呼び方.gif
 押さえる場所の指の割り当ては表のようになります。
読み方と指使い.gif


 弦の弾きかた

 弦は、通常手首を動かして人差し指の爪、ピック又は三線用のばちで弾いて音を出します。
 三線用のばちで弾くと、音量も大きく三線らしい音になりますが、慣れるのに時間がかかります。また、沖縄以外の場所で手に入れるのは困難です。
 ギター用のピックがお奨めです。なるべく固めのピックを使う方が三線らしい音になります。
 それぞれの使い方は写真のようになります。
ピックと指で弾く.jpg
バチで弾く.jpg

 演奏方法

 弦を上から下に弾くのが基本です。この場合特に呼び名はありません。
 ・打音(ウチウトゥ)
ウチウトゥ.gif 左手(棹を持っている手)だけで弾きます。楽譜では、このように文字の右上に点が付きます。 

 ・掛音(カチウトゥ)
カチウトゥ.gif 弦を下から上に引っかけるように弾きます。楽譜では、このように文字の右上にカギかっこが付きます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。