So-net無料ブログ作成

三線のハイポジション [三線]

楽器が少し上達してくると、難しい技に挑戦してみたくなります。
三線の場合の難しい技のひとつとして、ハイポジションで演奏することが挙げられるでしょう。
工工四で、「下八」「イ尺」「イ工」「イ五」などの場所を弾くことです。

沖縄の民謡にはこれらの高い音が出てくるようですが、私の知っている三線の曲にこれらの音が出てきたことはありません。
ふとしたことから、三線のハイポジションの練習に最適な曲を見つけました。
その曲とは、映画「男はつらいよ」の主題歌です。
曲の雰囲気と三線の音色が合っているのでしょう。弾けるようになると、とても良い感じになります。

覚えていたメロディーを工工四にしてみました。たぶん原曲とは少し違っていると思います。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。