So-net無料ブログ作成

三線やー、棹だけー。 [三線]

新しいタイプの三線を作りました。
とは言っても、前回同様に棹だけです。
写真では、天(ヘッド)の形が異なっていることしかわかりませんが、
棹の材料を、ナイフの刃が欠けるほど堅いものにしました。
頂いた材料なので、名称は今ひとつはっきりしないのですが、ウリンだと思います。
比重が1より少しあるので、もしかするとイペかもしれません。
とにかく、重くて加工しにくい材料です。
出来上がった棹を叩くと、高い澄んだ音がします。
これはいけるかもしれないと、期待したのですが、三線の音としては劇的には変わりませんでした。
檜の棹より、少しいい音になったような気がします。
でも、蛇の皮を使わなければ、あの三線独特の音にはならないようです。
そういえば、市販の人工皮三線も沖縄で弾いてみたとき蛇皮とはだいぶ雰囲気の異なった音がしていました。


ヘッドの形を変えたのは、これまでに作った三線と重心の位置が大きく変わらないようにするためです。でも、見た目には今ひとつだったかな。


この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。