So-net無料ブログ作成

愛用のナイフの刃が欠けた・・・ [DIY]

三線おやじ愛用のナイフの刃が、三線の棹を削っていたら欠けてしまいました。
だいぶ前に手に入れていた、重くて堅い木で三線の棹を作っていました。
材料の名前はわかりませんが、黒檀や紫檀ではありません。
知り合いから譲ってもらったので、値段も不明です。
とても堅い材料なので、注意していたつもりですが、力のかけ方が悪かったのでしょう。
嫌な音がして、見るとナイフの刃の先の方が欠けていました。
おかげで、午後は刃物研ぎとなりました。
欠けた刃の修復には相当な時間がかかると覚悟したのですが、ダイヤモンド砥石のおかげで、思ったほどの時間をかけずに終了しました。
鑿や鉋の刃もついでに研ぎました。
喜んだのは、包丁を研いでもらったぱらぽんでした。


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 4

三線おやじさま、ナイフが元通り、きれいになって良かったですね。
それから何より、包丁研いでくれて、ありがとう。
これで、トマトも鶏肉もトントン、スパ~、よ。
って、ちゃんとメシ作れよ、ってことかあ~。
はい、がんばりますです。
by (2006-11-03 09:04) 

セッサ

結構厚いナイフだと思ってましたが、欠けたりするんですね。
欠けるとすれば、やはり刃先でしょうか?
木という奴は堅い奴は物凄く堅いですからね。
折るのは逆に簡単でしょうが、削るのは相当大変でしょう。

ウチの包丁は結局今まで一度も研いでいません。
あんなにいい砥石があるのに…。
だいぶ切れなくなってきているので、近い内にやってみようかと思います。
基礎を忘れていそうですが(笑)。
by セッサ (2006-11-06 22:58) 

ぱらぽんさん。返事が遅れてすみません。
自分で質問して返事も書いてあるので、これに落ちを付けるのは大変です。
身内なもんで、まーいいかとも思ってしまいます。
親しき仲にも礼儀ありということで、これからは気を付けます。

同じようなコメントをどこかで書いたような気がするのですが・・・・
by (2006-11-07 09:10) 

セッサさん、久しぶりですね。
ご想像の通り、刃先から2mmくらいの所が深さ0.5mmくらい欠けました。
セッサさんの砥石では、これを修復するには数時間かかるかもしれません。
一時間ほどで修復できたのは、ダイヤモンド砥石のおかげです。
でも、数千円するので、あまりお勧めできません。

研ぎは、気が向いたときにやってみてください。
”かえり”という言葉の意味を覚えていれば、基礎は忘れていないと思いますよ。
by (2006-11-07 09:17) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。