So-net無料ブログ作成

三線おやじ 健康第一!を実感 [雑談]

三線おやじは、ほぼ一ヶ月の間入院しておりました。
妻がブログでその間の経過を報告(さらしものに)していますので、もし興味があれば覗いて見てください。
ごきげんぱらぽん

自宅療養を含めたこの2ヶ月間、病気との付き合いでまともな生活を送ることができませんでした。
入院してできたことといえば、読書。
佐伯泰英さんを40冊ほど読みました。
一日中寝転がって、食事以外は読書三昧をすると、3冊(1000ページ)くらいは読めてしまいます。
充実?無駄? どちらともいえないおかしな時間をすごしました。
そもそも、胸の横に穴を空けられて、そこに管をつながれているのですから、満足に歩き回ることもできません。
トイレと食事以外は、言われなくても安静を選んでしまいます。
そんなわけで、目を覆いたくなるほど体力が低下しています。
我が家の階段(13段程)をのぼるだけで息が切れて不整脈が出てしまいます。

昔から健康は何事にも換え難いと言いますが、本当にそう思わされました。

せめて、日常生活は普通の人と同じテンポで過ごしたい。
これが三線おやじの今の願いです。

心配してくださった方々、気にかけてくださった方々、どうもありがとうございます。
なんとか退院することができました。
毎日、着替えと本の運搬をしてくれた妻には頭が下がります。

病院のベッドは電動でした、高さ、上半身、足の上げ下げが可能なタイプです。
動作スイッチを押すと、動作が始まる前にアナウンスが流れます。
妻は、”あたまが下がります”というアナウンスがとても気に入っていました。
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。